新NISAつみたて投資枠の使い方

「日興の投信NISA」の歩き方/ ケント・マエダヴィッチ日興フロッギー編集部

2024年1月からはじまった新NISA。本記事では年間120万円(毎月10万円)まで使えるつみたて投資枠を活用する方法をお伝えします。1000円から始められる投信つみたてプランの設定や、設定・引落・買付スケジュール、自分にあった「積立額」がわかる積立シミュレーターについて解説します。

投信つみたてプランで積立設定する方法

投信つみたてプランを設定して、毎月ファンドを自動で購入するには、以下のフローで購入します。毎月1000円から積立設定ができて、原則、申込手数料が無料です。「「日興の投信NISA」でファンドを買う方法」の記事を読みながら設定してみましょう。

①ログインする
②ファンドを選択する
③目論見書等をチェック
④つみたてプランを設定する
⑤NISA優先の設定をする
⑥支払方法と引落日を選択する
⑦注文の確認、取引パスワードを入力する
※取引パスワードについてはイージートレードにログイン後、各種手続きメニュー>口座情報>取引パスワード よりご登録いただけます。

日興イージートレードで投信つみたてプランを設定する

設定・引落・買付のスケジュール

投信つみたてプランでは、「毎月12日引落」「毎月26日引落」の2種類から選べます。ご自身の給与振り込み日や、お金の管理がしやすい日程を考慮しながら選ぶことができます。なお、設定・引落・買付のスケジュールは以下の通りです。


「投信つみたてプラン」のスケジュールを詳しく見る

2024年1月・2月のスケジュール

なお、2024年1月の場合、12日引落で設定したい場合は、12月29日(金)AM2:00までにプラン設定を完了してください。26日引落で設定したい場合は、1月18日(木)AM2:00までにプラン設定を完了するようにしてください。制度が拡充された新NISAも、積立の設定を忘れてしまっては元も子もありませんので、余裕をもって設定するようにしてくださいね。


3月以降のスケジュールを確認する

積立額に迷ったら「積立シミュレーター」をつかってみよう!

「いざ積立設定をしようと思ったけど、いくら積み立てればいいかわからない」。そんな人には、積立シミュレーターで一度試算してみることをオススメします。目標金額や積立期間、目標利回りなどを入力することで、毎月の必要な積立金額を知ることができます。

「金融電卓(積立シミュレーター)」を使ってみる

※試算イメージ

たとえば、20年後に1000万円にしたいと思った場合、利回り5%を想定するならば、毎月2万4000円の積み立てが必要です。自分が目標とする金額や積立期間などを入力して、自分がいま積み立てるべき金額を試算してみましょう。

そのほかにも、積立シミュレーターでは、積立額などから「運用最終金額」を求めたり、「必要な積立期間」「必要な利回り」を試算することができます。自分の支出などを考慮しながら、無理のない範囲で新NISAで積み立て投資を始めましょう!
NISAについて詳しく見る
「投信つみたてプラン」について詳しく見る
日興の投信NISA選定の21ファンドについて詳しく見る